旅行

のとじま水族館を紹介!リニューアルした「のと海遊回廊」は必見!

のとじま水族館を紹介!リニューアルした「のと海遊回廊」は必見!

石川県のレジャースポットの一つである「のとじま水族館」を紹介します!

2018年にリニューアルされた「のと海遊回廊」が綺麗すぎてヤバいので見に行って損は無いですよ!

のとじま水族館とは?

のとじま水族館2

七尾市の能登島にある、石川県で唯一の水族館です。

大迫力のジンベイザメから小型の海の生き物まで色々な展示があり、イルカショーをはじめとするたくさんのイベントも行われていますので、楽しさ満点の水族館です!

夜の水族館というイベントも開催されていて、夜も一味違った雰囲気が楽しめます。
※夜の水族館は時期限定イベントです。

週末には県内外からたくさんの人が訪れる人気スポットですよ。

のとじま水族館の料金・営業時間

チケットは入り口の窓口で購入します。

のとじま水族館3

入場料

  • 一般 1850円
  • 中学生以下 510円
  • 3歳未満 無料

営業時間

  • 9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

  • 年末(12/29~31)

 

のとじま水族館へのアクセス

のとじま水族館へは車またはタクシーで、能登島につながる2本の橋のどちらかを渡って行きます。

  • 金沢方面から:能登島大橋
  • 能登方面から:ツインブリッジのと
能登島大橋金沢方面から能登島に行く場合は能登島大橋を渡ります。

車の場合

  • 金沢から 約1時間半
  • 能登空港から 約45分
  • 和倉温泉駅(IRいしかわ鉄道)から 約20分

バスの場合

  • 和倉温泉駅(IRいしかわ鉄道)から約30分
    片道大人630円、小人320円

車で行く場合は以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければこちらも併せてご覧ください。

のとじま水族館への車でのアクセスを解説!空いてる時間帯・混む時間帯は?
のとじま水族館への車でのアクセスを解説!空いてる時間帯・混む時間帯は?石川県の定番レジャースポットの一つといえば、七尾市にある「のとじま水族館」ですね。しかしながら、のとじま水族館は能登方面にあるので、「金沢は知ってるけど、能登ってよく分からないなぁ。レンタカーで行ってみたいけど、ちゃんと行けるか心配・・・」という悩みが出てくると思います。そんな方に向けて、今回はのとじま水族館への車でのアクセスについて詳しく紹介しますので、是非のとじま水族館にもお立ち寄りくださいね!...

 

のとじま水族館はペットを連れていける?

のとじま水族館は、ペットを連れての入場はできません。しかし、盲導犬や介助犬などの補助犬との入場はOKです

 

のとじま水族館はベビーカーや車いすでも入れる?

のとじま水族館は、すべての場所にスロープがありますので、ベビーカーや車いすで入場しても全く問題なしです。また、外と館内に段差はありませんのでその点も安心です。

ただし、道幅はそこまで広くはなく、週末は人であふれているので大型の車いすや大型のベビーカーの場合は少し通りづらい所もあるかもしれません。

 

のとじま水族館の見どころを紹介!

のとじま水族館のスポット一覧です。

のとじま水族館4クリックで拡大します。

 

たくさん施設がありますよね。楽しみです。

※これから各施設を紹介していきますが、詳しく書いて全部ネタバレするのは避けたいので、各施設のポイントだけ簡潔に記載していきますね。

迫力満点!ジンベエザメ館で巨大水槽からジンベエザメが見れる!

チケットを購入し、いざ入場!となると、最初に入る施設がジンベエザメ館です。

入り口に入ると青暗い空間が広がり、いきなりこのような巨大な水槽が見えます。

のとじま水族館5

なんと中には巨大ジンベエザメが泳いでいるんです。

ジンベエザメの迫力は写真では伝わりにくいので、ぜひ現地でその凄さを体感してみてくださいね。

ジンベエザメ巨大水槽内を泳ぐジンベエザメ。その迫力は実際に目で見ないと分かりません。

 

かわいいペンギンたちが泳いでる!ペンギンプールを覗いてみよう!

ジンベエザメ館を出て道を下ると、ペンギンプールが視界に飛び込んできます。

ペンギンプール

ペンギン達がぷかぷか泳いでいる姿が見れますよ。かわいいですね。

なお、定期的にペンギンのお散歩のイベントが行われますので、このイベントはぜひ見ましょう。通りを可愛く歩く姿を見たら悶絶しますよ!

歩くペンギンたち

 

イルカショー・アシカショーは絶対に見逃せない!20分前から席取りして待とう!

ペンギンプールの反対側には大きなステージが広がっています。

ここは、のとじま水族館イチのビッグイベント「イルカ・アシカショー」が行われる会場です。

オススメの席はステージ真正面の列です。

イルカショーステージ正面

斜めからだと柱が邪魔で見えにくいことがあるので、真正面がオススメです。

なお、真正面の前列はイルカがジャンプして着水したときに水しぶきがかかるので、水しぶきを避けたい方は後列に座ると良いですね。半分より上の席なら大丈夫です。逆に水しぶきがかかっても良いから迫力を楽しみたい方はあえて前列に行きましょう!

10分前にはほぼ満席状態になるので20分前から座って待つのがオススメ

ショー開始10分前だともうこんな感じです。(3連休2日目の日曜日14:30の部)

イルカショーステージ20分前から少しずつ人が増え始め、10分前にはもうこの状態です。

平日ならここまで埋まらないかもしれませんが、休日は満席必至です。20分前にお気に入りの場所を確保しておきましょう!

 

ショーは、イルカショー → アシカショーの順に行われます。

イルカショーのメインはやはりジャンプですよね。

イルカジャンプ中央上部のボールにめがけてジャンプするイルカ。見事ボールに的中しました。

こんな感じで写真では全然迫力が伝わらないですが、現地は大盛り上がりでしたよ!

アシカショーもかわいくて見応え満点です。

アシカショー

 

海中トンネルでイルカが見れるかも!?イルカたちの楽園と海の自然生態館

イルカショーを堪能したら、海中トンネルからまたイルカを見てみましょう。

海中トンネル

海中トンネルは地図の端っこにあります。

なお、途中に売店があるので腹ごしらえをしてから行くのも良いですね。

売店

 

これが海中トンネルです。水槽の中を歩くような感じですね。期待感が高まります。

海中トンネル2

しかしイルカは残念ながらタイミングが合わなかったのか、私が見逃したのか、見れませんでした。

代わりにダイバーさんを発見!お仕事お疲れさまです(^^)

海中トンネル3

途中に子どもの遊び場もありました。海がきれいなので、子どもが喜びそうですね。

遊び場

そのまま道なりに進むと海の自然生態館という施設に着くのですが、この中にある巨大水槽が大迫力でびっくりしました。

イワシの群れ

イワシの群れだそうです。ドラマの凪のお暇でも同じようなシーンが出てましたね。

実際に近くで見るとその迫力に圧倒されます。

 

本館で色々な海の生き物を見よう!リニューアルされたのと海遊回廊は絶対外せない!

本館では、色々な海の生き物を見ることができます。入ってすぐ左手にはクラゲが展示されています。

クラゲ色々な光に照らされたクラゲはその色とりどりの様々な表情を見せてくれます。とても幻想的な空間です。

クラゲのほかにも、たくさんの水槽の中に様々な生き物がいて、とても面白いです。

 

そして最後には、リニューアルされたのと海遊回廊が待っています。

のと海遊回廊1

なんだこれは!?

東京のオシャレスポットなんて目じゃないですね、うん。(すいません、調子乗りました)

床はプロジェクションマッピングで、ずっと絵が変わり続けて見ていて飽きません。

のと海遊回廊2 のと海遊回廊3

壁の水槽はくぼんでいて、くぼみ部分に座って見上げていたら魚が猛スピードで泳いで行くので迫力を味わえるとともに、ものすごく癒されます。

のと海遊回廊4

本当にきれいでずっと居たくなるスポットですよね。

なお、このプロジェクションマッピングを使った海の展示は、日本海側の水族館ではらしいです。(すごいぞ!のとじま水族館!)

 

最後に、お土産を買って帰りましょう。楽しかったー(^^)

お土産屋さん

 

のとじま水族館の滞在時間は?

滞在時間は、イルカショーを見たとして、およそ2時間程度だと思います。

イベントをすべて見ようと思ったらもっとかかるかもしれません。2019年9月15日時点ではイベントは全部で6つありました。全部見るとなると4時間くらいになりそうですね。

タイムスケジュール

 

まとめ

のとじま水族館、いかがでしたでしょうか?

これを見てぜひ行ってみたい!という気持ちになった方がいましたら嬉しいです。ぜひ石川県にお越しください!

金沢観光 → レンタカーで七尾観光 → 能登空港でレンタカー乗り捨てて帰る という旅行もいいですよ。